設計要領第一集 舗装保全編・舗装建設編 令和2年7月

設計要領第一集 舗装保全編・舗装建設編 令和2年7月

販売価格3,190

在庫あり

商品コード
683
改定について
R2.7改定
媒体・サイズ
紙書籍 A4版
ISBN
86253-683-9
この商品についてお問い合わせ
  • 詳細情報
  • 目次

詳細情報

NEXCOが施工及び管理する道路ならびにこれらに関連する工事の設計に適用するもので、保全・建設を目的とした舗装の設計に必要な基本的事項を収録しています。積算・数量算出・品質管理に関する基準はありません。

目次

正誤表を掲載しました。ダウンロードしてご利用ください。(2020.10.15)
保全共通  1. 適用の範囲  2. 設計の原則  3. 記録の保存 舗装保全編 1. 総則 1-1 適用範囲 1-2 総説 1-3 用語の定義 1-4 舗装の構成 1-4-1 舗装各部の名称 1-4-2 舗装関連各部の定義と機能 1-5 要求性能 2. 補修までの流れ 2-1 総説 2-2 補修までの流れ 3. アスファルト舗装の補修 3-1 総説 3-2 変状の種別 3-3 構造設計 3-3-1 補修設計 3-3-2 設計交通量 3-3-3 舗装構造の設計 3-3-4 材料・混合物の選定 3-4 路盤の配合設計 3-4-1 概説 3-4-2 材料規定 3-4-3 混合物の諸基準 3-4-4 配合設計 3-5 表層・基層・中間層及び橋梁レベリング層の配合設計 3-5-1 概説 3-5-2 材料規定 3-5-3 高機能舗装用混合物の配合設計 3-5-4 高機能舗装以外の表層用混合物の配合設計 3-5-5 基層用混合物の配合設計 3-5-6 中間層用混合物の配合設計 3-5-7 橋梁レベリング層用混合物の配合設計 3-5-8 鋼床版用基層混合物の配合設計 3-6 路面排水対策 3-7 補修工法の選定 3-7-1 補修工法 3-8 橋面舗装の補修 3-9 駐車場舗装の補修 3-10 その他のアスファルト混合物 4. コンポジット舗装の補修 4-1 総説 4-2 変状の種別 4-3 構造設計 4-3-1 補修設計 4-3-2 設計交通量 4-3-3 舗装厚の設計 4-3-4 目地構造 4-3-5 連続鉄筋コンクリート版の補強 4-4 路盤 4-4-1 概説 4-4-2 材料規定 4-4-3 配合設計 4-5 連続鉄筋コンクリート版 4-5-1 概説 4-5-2 材料規定 4-5-3 配合設計 4-6 アスファルト混合物 4-6-1 材料規定 4-6-2 配合設計 4-7 補修工法の選定 4-7-1 機能的な変状に対する補修工法 4-7-2 構造的な変状に対する補修工法 5. コンクリート舗装の補修 5-1 総説 5-2 変状の種別 5-3 構造設計 5-3-1 補修設計 5-3-2 設計交通量 5-3-3 舗装厚の設計 5-3-4 目地構造 5-3-5 コンクリート版の補強 5-4 路盤・中間層 5-4-1 概説 5-4-2 材料規定 5-4-3 配合設計 5-5 コンクリート版 5-5-1 概説 5-5-2 材料規定 5-5-3 配合設計 5-6 補修工法の選定 5-6-1 機能的な変状に対する補修工法 5-6-2 構造的な変状に対する補修工法  6. 床版防水   6-1 適用   6-2 設計一般   6-3 使用材料   6-4 排水処理   7. 補修の記録 7-1 舗装発生材の処理 7-2 補修の記録 舗装建設編 1. 総則 1-1 適用範囲 1-2 舗装の構成 1-3 要求性能  2. アスファルト舗装 2-1 総説 2-2 構造設計 2-2-1 概説 2-2-2 累積10t 換算軸数の算出 2-2-3 設計CBR 2-2-4 舗装構造の設計 2-3 路盤の配合設計 2-3-1 概説 2-3-2 材料規定 2-3-3 混合物の諸基準 2-3-4 配合設計 2-4 表層・基層・中間層及びレベリング層の配合設計 2-4-1 材料規定 2-4-2 配合設計 3. コンポジット舗装 3-1 総説 3-2 構造設計 3-3 路盤 3-4 連続鉄筋コンクリート版 3-5 アスファルト混合物 3-6 細部構造 3-6-1 路肩の構造 3-6-2 ランプターミナルの構造 4. コンクリート舗装 4-1 総説 4-2 構造設計 4-3 路盤・中間層 4-4 コンクリート舗装版 4-5 表面処理 4-6 細部構造 5. 橋面・トンネルの舗装 5-1 橋面 5-2 トンネル 5-2-1 構造設計 5-2-2 版端構造 5-2-3 路肩構造 5-2-4 トンネル拡幅部 5-3 本線ボックスカルバートおよび半地下部 6. 附帯施設などの舗装 6-1 ランプ 6-2 駐車場およびチェーン着脱場 6-3 バスストップ 6-3-1 バス停留車線 6-3-2 加減速車線 6-3-3 乗降場 6-4 料金所広場 6-5 管理施設 7. 舗装細部に関する事項 7-1 側帯および路肩の構造 7-2 端部の構造 7-3 路面排水対策 7-4 縁石の構造 7-5 中央分離帯開口部  8. 床版防水   8-1 適用   8-2 設計一般   8-3 使用材料   8-4 排水処理  9. 建設の記録 参考資料