調査要領 令和2年7月

調査要領 令和2年7月

販売価格6,160

在庫なし

商品コード
686
改定について
R2.7改定。販売開始は10/1となります。
媒体・サイズ
紙書籍 A4版
ISBN
86253-686-0
この商品についてお問い合わせ

準備中。販売開始までお待ちください。

  • 詳細情報
  • 目次
  • 改定情報

詳細情報

地盤・土工構造物・舗装・橋梁・トンネル・造園の調査要領を記載しています。

目次

第一編  地盤・土工構造物・舗装
第1章  地盤
  1.  総則 
   1-1  適用
   1-2  調査の目的
   1-3  調査の心構え
  2.  調査計画 
   2-1  調査の進め方
   2-2  調査計画の作成
   2-3  調査手法の適用性
  3.  予備調査
   3-1  予備調査の基本的事項 
    3-1-1  調査の目的
    3-1-2  調査項目
    3-1-3  調査の方法
   3-2  机上調査
    3-2-1  資料収集
    3-2-2  資料の判読
   3-3  現地調査
   3-4  成果の取りまとめ
  4.  概略調査
   4-1  概略調査の基本的事項 
    4-1-1  調査の目的
    4-1-2  調査項目
    4-1-3  調査の方法
   4-2  机上調査
    4-2-1  資料の収集
    4-2-2  既存資料および地形の判読 
   4-3  現地調査
    4-3-1  地形地質踏査
    4-3-2  土質地質調査
   4-4  調査結果の整理
    4-4-1  成果の取りまとめ
    4-4-2  今後の調査方針
  5.  詳細調査
   5-1  切土および斜面安定等調査 
    5-1-1  調査の基本方針
    5-1-2  第一次詳細調査
    5-1-3  第二次詳細調査
    5-1-4  補足調査
    5-1-5  不安定要因をもつ地形・地質に関する調査
    5-1-6  水文地下水調査
   5-2  盛土等調査
    5-2-1  調査の基本方針
    5-2-2  第一次詳細調査
    5-2-3  第二次詳細調査
    5-2-4  補足調査
    5-2-5  特殊な地盤または条件下における調査
    5-2-6  盛土材料の調査
    5-2-7  土取場調査
    5-2-8  本線外盛土場調査 
   5-3  構造物基礎調査
    5-3-1  調査の基本方針
    5-3-2  第一次詳細調査
    5-3-3  第二次詳細調査
    5-3-4  補足調査
    5-3-5  特殊な地盤および条件下における調査
    5-3-6  水文地下水調査
   5-4  トンネル調査
    5-4-1  調査の基本方針
    5-4-2  第一次詳細調査
    5-4-3  第二次詳細調査
    5-4-4  補足調査
    5-4-5  特殊地山および近接施工の調査 
    5-4-6  水文調査
  6.  施工段階の調査
   6-1  切土および斜面安定調査
    6-1-1  切土のり面の施工管理のための調査
    6-1-2  切土のり面の変状災害対策調査 
   6-2  盛土等調査
   6-3  構造物基礎調査
   6-4  トンネル調査
  7.  報告書作成
   7-1  報告事項
   7-2  報告書の種類
   7-3  成果品の体裁
第2章  土工構造物
  1.  総則 
   1-1  適用
   1-2  調査の目的
   1-3  調査の心構え
  2.  調査計画
   2-1  調査の進め方
   2-2  調査計画
   2-3  調査手法の適用性
  3.  切土・盛土部調査
   3-1  調査の基本的事項
   3-2  のり面調査
    3-2-1  調査の目的
    3-2-2  調査項目
    3-2-3  調査の方法
    3-2-4  調査結果の整理
   3-3  植生によるのり面保護 
    3-3-1  調査の目的
    3-3-2  調査項目
    3-3-3  調査の方法
    3-3-4  調査結果の整理
   3-4  セメントモルタル吹付及びコンクリート吹付のり面
    3-4-1  調査の目的
    3-4-2  調査項目
    3-4-3  調査の方法
    3-4-4  調査結果の整理
   3-5  水抜ボーリング
    3-5-1  調査の目的
    3-5-2  調査項目
    3-5-3  調査の方法
    3-5-4  調査結果の整理
   3-6  集水井
    3-6-1  調査の目的
    3-6-2  調査項目
    3-6-3  調査の方法
    3-6-4  調査結果の整理
   3-7  グラウンドアンカー
    3-7-1  調査の目的
    3-7-2  調査項目
    3-7-3  調査の方法
    3-7-4  調査結果の報告と記録
  4.  擁壁調査
   4-1  調査の基本方針
   4-2  コンクリート擁壁
    4-2-1  調査の目的
    4-2-2  調査項目
    4-2-3  調査の方法
    4-2-4  調査結果の整理
   4-3  補強土壁
    4-3-1  調査の目的
    4-3-2  調査項目
    4-3-3  調査の方法
    4-3-4  調査結果の整理
  5.  カルバート調査
   5-1  調査の基本方針
   5-2  鉄筋コンクリートカルバート
    5-2-1  調査の目的
    5-2-2  調査項目
    5-2-3  調査の方法
    5-2-4  調査結果の整理
   5-3 プレキャストアーチカルバート
    5-3-1 調査の目的
    5-3-2 調査項目
    5-3-3 調査の方法
    5-3-4 調査結果の整理
   5-4  パイプカルバート
    5-4-1  調査の目的
    5-4-2  調査項目
    5-4-3  調査の方法
    5-4-4  調査結果の整理
  6.  報告書作成
   6-1  報告事項
   6-2  報告書の種類
   6-3  成果品の体裁
  参考資料
第3章 舗装
  1.総則
   1-1  適用範囲
   1-2  総説
   1-3  用語の定義
   1-4  調査の目的
  2.調査計画
   2-1  総説
   2-2  調査の計画
   2-3  調査の種類と選定
    2-3-1  アスファルト舗装
    2-3-2  コンポジット舗装
    2-3-3  コンクリート舗装
  3.調査方法
   3-1  路面性状の調査
   3-2  舗装耐力の調査
   3-3  材料・混合物の調査 
  4.評価
   4-1  補修目標値
   4-2  機能的な変状の評価
   4-3  構造的な変状の評価
    4-3-1  アスファルト舗装
    4-3-2  コンポジット舗装
    4-3-3  コンクリート舗装
   4-4  調査結果の記録
第二編 橋梁
第1章 総則
  1.適用
  2.対象構造物
  3.調査の手順
  4.現地踏査および関連情報の収集
  5.変状の原因の推定
  6.調査項目の選定と調査計画の立案

第2章 鋼
  1.  鋼橋 
   1-1  適用範囲 
   1-2  変状の原因の推定
    1-2-1  一般
    1-2-2  変状の分類と原因の推定 
   1-3  調査項目の選定と調査計画の立案 
    1-3-1  調査項目の選定
    1-3-2  調査方法

第3章 コンクリート
  1.  コンクリート橋
   1-1  適用範囲
   1-2  変状の原因の推定
    1-2-1  一般
    1-2-2  変状の分類と原因の推定 
    1-3 調査項目の選定と調査計画の立案 
    1-3-1  調査項目の選定
    1-3-2  調査方法
  2.  コンクリート床版
   2-1  適用範囲 
   2-2  変状の原因の推定
    2-2-1  一般
    2-2-2  変状の分類と原因の推定 
   2-3  調査項目の選定と調査計画の立案 
    2-3-1  調査項目の選定
  3.  PC部材
   3-1  適用範囲
   3-2  調査橋梁と調査手法の選定
    3-2-1  調査橋梁の選定
    3-2-2  調査手法の選定
第三編  トンネル
  1.  総  則  
   1-1  適用の範囲 
   1-2  用語の定義  
   1-3  トンネル保全一般  
   1-4  トンネル保全に関する調査の基本方針 
  2.  調査計画  
  3.  既存資料調査   
  4.  周辺地山・環境調査   
  5.  変状詳細調査   
  6.  調査結果の整理   
  7. 近接施工に関する調査   

第四編  造園
  1. 総則
  2. 造園基本設計に必要な調査
   2-1. 基礎調査・現地踏査
    2-1-1. 道路特性調査
    2-1-2. 気象調査
    2-1-3. 自然環境調査
    2-1-4. 人文文化財調査
    2-1-5. 生活環境調査
    2-1-6. 景観調査
    2-1-7. 植栽基盤調査
    2-1-8. 道路用地内資源調査
   2-2. 机上計画
   2-3. 設計テーマ 
  3. 造園詳細設計に必要な調査
   3-1. 現地踏査
   3-2. 道路構造の調査
   3-3. 植栽基盤調査
   3-4. 微気象調査 
   3-5. 植物材料調査

    ・土懸濁液の電気伝導度試験(様式-1)
    ・土懸濁液の電気伝導度試験(記入例)
    ・簡易土壌断面調査(様式-2)
    ・簡易土壌断面調査(記入例) 
    ・土壌の腐植含有量試験(様式-3)
    ・土壌の腐植含有量試験(記入例)